第七特命課 十狂セメタリー「舘神グンジ(CV.立花慎之介)」編の感想 | ゆぱんだらいふ

とある夢女の雑記ブログ

十狂セメタリー「舘神グンジ」編の感想

#シチュエーションCD

舘神(タテガミ)ってむっずかしい苗字だな!というツッコミもそこそこに、グンジさん発売おめでとうございます。

またなんか色々な情報が入ってきて、「これアヲイくんで収束つく…?今からでも全員出動のドラマCD出してええんちゃうん…?」と思ってたりするんだけど、アヲイくんがどんな感じのシナリオになるのか全く読めない…。

グンジさんを一言で言い表すなら「進撃のハ●ジさんみたいな人」と言ったらわかりやすいだろうか。とまあ、そんな感じの方です。

ブックレットも情報が色々でてるので、アヲイくんの時にぱぱっとまとめてみようと思います。

そんな感じでグンジさんの感想にまいります。がっつりネタバレです。

『十狂セメタリー』の記事一覧

Sponsored Link

染色体Zと鴉の事件

主人公との接触の前に、グンジさんの両親との会話(と言いつつ一方的にグンジさんが喋っている)シーンから始まる。これは後半に繋がるのでまたあとで触れるとします。

グンジさんとバディを組むことになった主人公。そこでそれまでの染色体Zの話しなどをするわけですが、ざっとまとめるとこんな感じ。

特殊染色体Z

生まれながらのZは存在しない。
染色体Zは子供を生むことができない。
よって生まれながらZとして生まれてきた人間は確認されていない。

レネイン

普通の人間がこの薬を飲んでも何も起きない。

主人公がグンジさんの赤目に少し警戒していたので、グンジさんがレネインを飲んでみたがふつうの人間相手では何の変化もなし。
グンジさんが赤目なのは元から。

Z染色体検査

警察に入るために受ける検査。
よほど特別な理由がない限り再検査は行われない。(なのでその後発症しても気づかれない)

23年前の鴉事件の内容

「鴉も食えない腐った肉」というのは悪行を働く腐った人間に対して使った言葉だった。
今起こっている一連の事件とは質が違う。(上から誰でもいいから殺していいと言われて犯行を犯しているので統一性がない)
そしてその事件の犯人は捕まっている。

主人公の母親はその頃に事故死したらしく、警視総監である父が男手ひとつで育ててきたらしい。
警視総監は愛妻家で有名だった。

Sponsored Link

事件の流れについて

そんな話しをしながらまた事件発生の電話が入り、現場に出向くことになる。

それぞれの事件の関係

ミルフィーユ・イチゴジャム(サリコ編):主犯はエリスの社長

ロブスター・ステーキ(ネイム編)、クリームシチュー(タイチ編)事件→指示したのはエリスの社長
と書いてたけど、勘違いしてる気がするので修正。薬の出処がエリスなだけで、指示は別?

クロウの中心的存在「あの方」がスープ・スパゲッティ事件(ベルノ編)から着想を得て指示を出し(エリスの社長などに)、模倣的に犯行を重ねる。

エリスの社長はセルクイユ(Zが収容される施設)行き。

ポップコーン事件

被害者は50代の芸能事務所社長(女)。
遊園地で老朽化して改装予定だったアトラクションに呼び出して爆破させたか。

遺体は頭蓋骨も粉々で、身元を特定するものがなければわからないくらい損傷が激しい。

グンジさん「ポップ↑コーン↑な死体はどこかなっ↑」「うわぁ~~~↑↑↑お♡」とハートが付きそうなくらいハイテンションすぎてとりあえず落ち着いて欲しい。(小並感)

遺体の近くにはいつも通り、

『ポップコーンは好きだが腐った肉はまずい』

遺体の損傷は激しいが、被害者のハンドバッグは無傷。(被疑者って聞こえたけど多分間違い?だよね)

財布の中には10万円入っていたが取られていない。でも10万を普通に財布にいれとくか?って思うけど私が庶民だからだろうか。

爆弾は日本では入手困難なもの。遠隔操作で起爆できるものだった。遊園地の近くで壊れた携帯を発見したので解析中。

また、事件の前後でピエロがうろうろしていたが、遊園地のマークがピエロで園内にもバイトなどでたくさんいるため、それを利用したかと思われる。(一着盗まれていた)

警視庁に届いたクロウを名乗った紙・インクはロブスター~イチゴジャムの事件と一致。

被害者の身元引受人である芸能事務所の所属俳優(20代)によると、最後に会った時は変わった様子はなかったとのこと。被害者は売れない時代からお世話になっていたので母親同然なのだとか。

被害者の証拠品に、磁気が入っていないプラスチックカードが入っていた。ロゴは入っているが調べても店の名前は出てこない。

壊れた携帯電話

遊園地の近くで見つけた携帯電話は、鑑識の結果、やはり爆弾のリモコンとして使われていた。

普通のショップで買えるものだが、正規ルートで入手したものではないらしく、その中には特殊なアプリが入っていて、犯罪などに使用されるウェブサイトにアクセスできた。

そこで爆弾などを購入したのだろうと思われる。

秘密裏のクラブに潜入

遺留品のプラスチックカードを調べて見つけたクラブ。ここでは違法な取引などもされていて、この携帯もここで入手したようだ。

そしてそのクラブに潜入するわけだが、グンジさん???誰???ってなるくらいに、グンジさんの演技がうますぎて笑ってしまった。気だるっぽい演技してたタイチさんも見習って欲しい(?)

めっちゃ強引オラオラ系になってるけど、主人公と喋る時はいつもどおりでこの人器用だな。

そんな中であの事務所に所属していた俳優を発見。

どうやら女社長に枕営業していたらしく、名前が売れてきたころに引き抜きの声が掛かったが社長が離してくれず、上からの「誰でもいいから殺害していい」という言葉で社長を殺害したらしい。

グンジさんは拳銃が嫌いらしく(拳銃の話はプロフィールでも撃たれたことがあると書かれていたけど、特に触れられていない。)、電流が流れる警棒で犯人を追い詰めるわけだが

「棒っていいよねえ……♡」
「次はァッッ!!!♡お前だよォ!!!」
「ほらねェ死なない全然死ななァい♡♡」

めっちゃ語尾のハートが似合うなこの人(真顔)
でもまじでそれくらいあるっていうか中の人やっぱすごいなと思います。(小並感)

なんかこのシーン、目かっぴらいて瞬き一つせず恍惚とした表情が似合うなとか思いながら聴いてた。(どんなよ)

タイチさんは本当に容赦ないって感じだけど、グンジさんはグンジさんでこの人純粋に危険だな(小並感)って感じがします。

暴かれる真相

真相といっても一連の事件の真相ではなく、主人公の母親のことやベルノくんの話だけど。(いやほんとさりげなくぶっこんできたな!)

グンジの両親と主人公の母親

グンジさんの両親は染色体Z。そしてセルクイユの最深部に二人はいる。

Zは子供が産めないという話はしたが、グンジさんは例外中の例外らしい。(Zになる前にグンジさんを生んだのかとも思ったけど違うみたい)

そしてグンジさんは染色体Zにはなっていなかった。

グンジさんは両親に一方的に話しかけていたけど、両親は意識はあるんだろうか(二人は容器の中にいるので)

主人公の母親は23年前に事故死したが、実はそれは表向きの話らしく。

主人公の母親は事故死ではなく、“鴉”に殺されたのだという。そしてその“鴉”というのがグンジさんの父親。

つまり、23年前に一連の事件を引き起こしたのはグンジさんの父親だが、23年前の“鴉”はある信念をもって殺戮を繰り返していたわけで、主人公の母親は何か携わったりしていて殺されたのだろうか?通り魔という感じではないみたいだし。

そしてそのことを警視総監は娘である主人公には伏せていたかったのだろうと思う。

ベルノの父

警視総監にベルノくんは自分の父親が染色体Zだと言われたが、本当は染色体Zではない。(唐突にぶっこむなよお!)

元々はセルクイユの人間で、子供のZがいるフロアの責任者だったが、一人逃してしまったので処分された。

逃した子供はちゃんと見つかったのかは触れられていない。

Sponsored Link

舘神グンジについて

染色体Z(豚と呼んでる)に対してとても愉快。(愉快)

でもふいに冷めた雰囲気というか、淡々としているというか、純粋に興味のある・ないといった感じでしょうか。

見た目の雰囲気だと大人なイメージあるけど、性格面でふいに子供っぽい(楽しいことは楽しいとはしゃぐ的な)ところもあるなぁと思う。

ずっとZについて調べてるからか、恋愛のれの字もないようだし、主人公とバディが解消になったあとのことを考えて「この辺がきゅっとしたのって…寂しいんだ…」とか若干ウブ(?)ピュア(?)なんだけど、ちゃっかり主人公の飲み物飲んで関節チューしてるのどこまで計算(?)

主人公の報告書読んで興奮してるのは本当に変態だなと思います(小並感)

興味のあることに対してはとことん調べ尽くしたい………わかる(わかr)

「君は食べちゃいたいくらい可愛いね…」

物理かな(物理)

取り調べファイル

セルクイユに主人公を連れて行ったことについて追求されてます。グンジさんは軽く話してるけど、結構厳しく追及されてる気がする。

糖狂セメタリー

目隠しでセルクイユの中にあるグンジさんの部屋に到着。

セルクイユは室内が真っ白らしいけど、バイオ●ザードとかでみる白い部屋みたいなのに近いんだろうか。

施設の中にあるけど、カウンターキッチンだったりするから普通の家と変わらないんだろう。

今回はグンジさんにご飯を作るお話だけど、偏食家なグンジさん、喜んでる感じはあまりない。温かいご飯を食べるのも久しぶりなんだとか。いつも何食べてるんだ……プロテインとかいってたからドリンク系か…

しかし料理の手際がよすぎて主人公女子力高い。母親がいないから家事系は昔からやってたんだろうな。

二人でご飯食べてる時に、人参やブロッコリーがでてきて、何食わぬ顔で「あーん」させてくるグンジさんに、嫌いなのかと問うと

「平和主義だから野菜とは戦わないことにしてるだけ」
「マッシュルームは…まあわりと許してる」

どんなやwww
他にも鶏肉はぷるぷるしてるのが…とかなんとか。

グンジさんと結婚したらご飯系は手強そうです。頑張ってください。

さてさて、本編の終わりでもグンジさんが「一連の事件はどうやって収束するのかな」と呟いていましたがほんとな!え?おわる?これ解明される?アヲイくんどんな感じのシナリオになるのか全然予想つかないんですが、もう来月で終わりなんだなぁ……早かった。

でもなんか続編ありそうな気もする。(各キャラ回収してないし)と思いつつ来月を待ちます。

アニメイトオンラインショップで「十狂セメタリー」を探す

『十狂セメタリー』の記事一覧

ランキング参加中

*よければぽちっとお願いします*
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事をシェアする