とある夢女の雑記ブログ

随時更新:京アニへの支援記事

(募金以外の支援方法など)

2019/12/17

腐女子や夢女子の中でおきるヒロインアンチ(キャラヘイト)の話

漫画やアニメにでてくるこの女キャラが嫌!という話は、腐女子・夢女子問わず、耳にする機会もあると思う。

夢女子だと自分の好きな相手の側に、好意を持ってそうな・もしくはくっつきそうな女キャラがいるのが耐えられないという想いがあるだろうし、腐女子…も似たような考えなのだろうか。

ちなみにこれを書いている私は、女キャラが許せないという考えは基本ない。

というより、元々BLよりNLの方が好きなのもあり、そこまで女キャラに対して嫌悪感を抱くことがなかったからだ。

むしろ私の場合、男とくっつくのがしんどい。親を殺されt…いや腐女子に男取られてんだよバーロー!!ってことなので、推し絡みの腐CPが受け付けられない体質ではあった。酷いときは見かけただけで「よし今すぐ首吊ろうそうしよう」レベルで拒絶していた。

※最近は公式のキャラの関係によっては平気なものもあるということに気づいたので前よりは落ち着いた。あとギャグ要素多めならいけるらしい。熾月は無理…っていうか乙女向けは無理だけども。

スポンサーリンク

ヒロインアンチではないけど、受け入れがたいヒロインはいる

もともと少女漫画育ちであり、そしてBLよりNLが好きなので、ヒロインに対して嫌悪感を抱くということはあまりない。

けれども、「さすがにそれはないだろ~~~」と思ってしまうヒロインはいる、という話だ。

でもそれは「夢女子だから関わる女キャラが許せない!」という理由ではない。

とある乙女ゲームをプレイしていたときの話で、付き合ったあとの主人公の行動や言動に「おま…!ちょ、ちょっと黙れやい!」となることがあった。

大事な試験があるから勉強に集中したいというキャラに対して、少しは我慢していたのでそこは褒めるけども、「勉強とどっちが大事なの…?」とかそんなことを考えて、相手と喧嘩してしまったヒロインにキレるのも仕方がないだろう!!なあ!!!今後の人生に関わる大事な試験なんだぞオイコラ!(口が悪いぞ)

でも、そのヒロインを擁護させてもらうと、付き合う前のヒロインは結構好きだった。付き合ったあとは何がどうしてそうなってしまったのか私にもわからない。ライターのみぞ知る。

※なぜかわからないけど私の場合、1作目のヒロイン(主人公)は好きなのに、続編になるとヒロインに対して「んん???」と思ってしまうことが多い。

ストーリーを進ませる上で、ヒロインが何かしら動きをみせないとメリハリがつかないというのもわからなくもない。

だけど、さっき「触るな」と言われていたものを触ったりして怒られるのを見ていると(これはまた別作品)「お前!!さっきの話聞いてたか?!?!」とヒロインに対してヘイトを向けてしまう。

たぶん、こういう些細な行動で、それが生理的に無理になるということもあるのだと思う。

ヒロインアンチというものは、「なんかわからんけどこの女ヤダ!生理的に無理!」とか「好きなキャラに近づくな~!!!」というタイプもいるとは思うけど、それだけが理由ではない場合もあるよ、ということもちょっと知ってほしくて今回こうして書いてみた。

スポンサーリンク

グッズ譲渡や同人活動をしている方へ
スマホで簡単!確定申告やってみよう

\ LINE@はじめました / 友だち追加 更新したらお知らせします

コメントや誤字脱字報告などお気軽にどうぞ*
悪口系は弾かれて届かない場合があります。
その他お問い合わせはメールフォームへお願いします。

\ follow me! / ブログの最新情報をTwitterで配信中!フォローしてね! ただのツイ廃アカウント(SNSメモ
スポンサーリンク