第七特命課 十狂セメタリー「瑞原タイチ(CV.鳥海浩輔)」編の感想 | ゆぱんだらいふ

とある夢女の雑記ブログ

十狂セメタリー「瑞原タイチ」編の感想

#シチュエーションCD

十セメもついに3巻目だよー!サリコさんはジャケ写も解禁されてるし、もうすぐグンジさんも解禁されるんですよね…早い。

夏の新作発表はあるんだろうか。最近は不規則のようだけど。新作も楽しいけど旧作の続編があってもいいんじゃないのかと思うんですけど…なぜ新作を連発してしまうのか。という素朴な疑問を抱えながら今日もなんとか生きてます。

ということで、第3巻目のタイチさんの感想を書いていくぞ~。今回は事件というよりはタイチさん自身について掘り下げたさがある。事件もまとめるけど。

今回の感想、ほぼネタバレになりそうなのでご注意ください。

『十狂セメタリー』の記事一覧

Sponsored Link

ストーリーと過去の事件について

ネイム編でも書きましたが、このシリーズはやはり1巻から聞いておいた方がよさそうです。正直、1巻から聞いていても事件の数がどんどん増えているので、「これってなんの事件だったっけ…」と混乱してしまうと思います。私は混乱している。(記憶力の問題)

一度復習してから聞いた方がいいかもしれない。

そして最初に言っておきます。ネイムさんは結構甘かったけど、その甘さはタイチさんではみられない。甘さがないというか、なんかタイチさんの中で別次元の感情で動いているというか…(伝わらないですね)

この辺りの話ものちほど。しかし甘くないということだけ伝えておきます。

Sponsored Link

話の流れ

1・2巻に比べて事件の調査は少なく感じる。というのも、事件が発生するのが物語の後半だからというのもあるのかな。

初めの方はあの隠しトラック(上からの尋問)に少し触れています。

前のバディだったネイムが、事件解決の際に問題行動を起こしたために呼び出しを受け、その間は主人公が一人になってしまうから、このタイミングでバディ交代となったらしい。それはベルノの時も同様。

もし第七特命課の人間が呼び出しを受けた後に不審な死を遂げたとしても、警視総監直属の課なので、その辺りの疑惑はもみ消せる…と不穏な話をしていたり。しかし二人は事件を解決しているので、殺されることはないだろうと話すタイチさん。この課の闇が色々と深くなってきた。

その後、主人公がこの課に来たのが“異質”だという。キャリア組がこの課に来ることはないらしい。というのも、タイチさんも元はキャリア組で、その頃は何度この課に配属を願い出ても聞き入れてもらえなかったという。その後問題を起こし、ようやくこの課にやってきたらしい。

そんな話をしつつ、その後は新たな事件が発生するまでは、前回の犯人が所持していた薬について調べます。

海外系ドラッグを扱う店をリストアップして、現場には刑事の姿では行かず、軽い変装をして潜入捜査。ここでクスリが好きそうなカップルに変装するんだけど、その演技もなかなかじわる。(ツイートのセクハラ云々はこの辺りのやりとり)

二人のやり取りは可愛いなと思うけど、タイチさんはあのローテンションから常にブレない。とんでもなくブレない。

最初に面倒はみないとは言うけど、ちゃんと説明してくれたりお疲れと言ってくれたりでなんだかんだ優しい。ネイムさんとはまた違った厳しさはあるけど。

主人公に対しては終始ローテンションなんだけど、途中のアヲイくんからの電話でめちゃくちゃ優しい声色になる。

その後、クロウからの手紙が届く。

「クリームシチューは好きだが、腐った肉は不味い」

(この手紙の後に電話番をタイチさんとするんですが、この辺りの話は瑞原タイチに関しての時にします)

電話番を交代して再び聞き込みに向かう二人。そしてとある漢方の店で、同じ錠剤を求めている人間がいたことを知る。その人物は焦っていたようで、もし薬が入ってきたら連絡して欲しいとフランス料理店の名刺をお店の人に渡したらしい。

早速そのフランス料理店に入ると、人の気配はないけどとんでもない異臭が充満している。そんな中、キッチンに入りあの鍋からしていることに気づき、蓋を開けると傷み始めたシチューが。

お気づきだろうか―――

「クリームシチューは好きだが、腐った肉は不味い」

ハッとしたタイチさんが鍋をかき混ぜると、中からは人間の目玉が出てくる。ということは人肉とか入っているんだろう…。えぐろい…。

冷静に「これ世界●天ニュースで取り上げられるやつや」と考えていた。

いろんな事件があったけど、どう考えてもシチューが一番食べられない。(直接料理されてるし)

その後、被害者は地下アイドルをしていた女性だったらしい。そして被疑者であるコックはアイドル監視スレッドをよく見ていたらしく、どうやらそこで目をつけたのだろう。

被疑者は未だに不明なのと、またアイドル監視スレッドが回り、アイドルの一人が行方不明になっているらしい。事件が起きる…。

その後、掲示板などの情報や調査で、怪しい小料理店が浮かび上がる。

その店の中には監禁した女性と寝ている被疑者の姿。今回は事が起きる前に見つけられたようで、片目も赤くなっているので問答無用で何発か銃弾を食らわすタイチさん。そして被疑者を連行。

たぶん、この話の見せ所はここからだろうなと思う。

普段はあのローテンションなタイチさんの取調べ中の豹変がすごい。ベルノくんもネイムさんも豹変はするけど、今の所一番豹変っぷりがすごい。豹変というか暴力っぷり?そうでもしないと向こうも口を割らないというのもあるけど。

数日飲まず食わずだった被疑者に差し入れだと言ってクリームシチューを差し出したり。被疑者は自分の手でクリームシチューにしたわけだから、普通のクリームシチューを見てもビビるとかはないだろうけど、冷静に鬼畜だ…と考えてしまったけど当然といえば当然…?(頭がバグっている)

その取調べ中にクスリの効果などを聞き出し、物語は終盤へ……。となるわけだけど、この最後、タイチさんはヤンデレじゃないけど、ヤンデレが好きな終わり方をしていると思う。わりとヤンデレが好きな自分はあの終わり方が性癖に突き刺さった。

3巻目に入り、色々と動きが出てきたけど、今の所被疑者に対して一番容赦がないのはタイチさんだなと思う。わりと冷静だったりするし、物語の途中で主人公に選択を迫るわけだけど、あの時の選択肢がここで出てくるの!!!と思っていい意味でゾッとした。ズルい。いや、もう……言葉で表せないゾッと感……

途中のタイチさん自身の話などは省いたりしたんですが、それはこのあとのタイチさんの話と一緒に書いていこうと思います。

とりあえずゾクゾクする。二週目はさらにゾワゾワしてしまう。

今回の事件を整理(がっつりネタバレ)

  • 今回の手紙とネイム編の手紙は一緒だったが、ベルノ編の手紙は材質も違うので別の事件の可能性
  • ネイム編で出てきた薬によってZは片目が赤くならずに済む
  • 薬=レネインを牛耳っているのがクロウで、エリスという菓子メーカー
  • 今回の被疑者はそれまでの事件について何も知らなかった
  • タイチさんが主人公をスパイだと疑っていたけど、キャリア組がまずこの課に入れることはないのだから、どう考えても主人公を入れた上層部が怪しいと思う(主人公が本当にスパイだったとしたら尚更)

いろんな事件が絡んできて頭が混乱しそう。

Sponsored Link

瑞原タイチについて

お次はタイチさんについての話。ほぼ終わりの方のネタバレなので、念の為ご注意ください。いや…ほんと鳥肌というかゾッとする……。

最初は面倒はみないと言いながら、上にも書いたとおり説明してくれたりするんだけど、常にローテンションであまり気性が荒いわけではない。が、基本がこのテンションだからか、犯罪や犯人に対する憎悪が出てくると人が変わった雰囲気になる。(プロフィール通りかな)

人が変わったようになるというか、普段はあまり感情的にならないタイチさんが、こういう被疑者はクズだと言い切り、怒りを顕にする。犯罪を誰よりも憎む。その気持ちはわかる。

(と同時に、作品は違えど、こうやってキツめに何かに対してクズだと言い切るところとか、何かを憎む気持ちだとか似たような状況の人をよく知っていてワアァァァっとなった。私は落ち着いてください。気になる人はがでれの熾月を聞いt)(安定のダイマ)

タイチさん自身は父親を殺されていて、でも不思議と悲しくなかったらしい。それは父親が弟を虐待していたから。ネイムさんもだけど虐待両親だらけなのか……

父親がどうしてそういうことをするのか理解できず、止めるけど父親は止めない。そんな時に父親を殺されたのだと。

弟とはその後別々に暮らすことになったらしいけど、それでもよく一緒にあったりするようなので交流は続いている。だけど、そんな弟も何を考えているのかわからないという。(特に詳しい話は出ていないのでどういう弟さんだったのかはわからないけどなんか色々とありそうだなと思う)

血の繋がった実の父親や弟ですら分かり合えないのだから、人がわかり合えることはない、というのが人生観としてあるようです。

そんな自分の人生と比べて、辛酸も知らずにぬくぬくと育ってきたであろう主人公とは相容れないと、バディを組む前からずっと思っていたらしい。そのことを途中の言い合いではっきり言われるわけだけど。

そしてバディは解消するとまで言われるけど、主人公が必死に説得。が、あまり聞く耳は持ってくれない。

そんな時に、タイチさんが一つの問題を出すわけだけど、これが物語の最後にも関係してくる。

「決して手放したくない大切なものがあったとする。それを守るには法や倫理を無視しなければならない。そういう時、お前ならどうする」(一部略してます)

その問題に、主人公が「無視してでも守る」と答えたことによって、バディは継続。

その選択がどう出るのかというのが、最後にタイチさんが被疑者を射殺してしまうのだけど、(それも用無しだという冷血っぷり)その時に、「大切なものを守るため=タイチさんにとっては自分の命」を守るためだという。

そして「お前も自分の命を守るためなら、法や倫理を無視するだろう?」と同意を求めるタイチさん。

(ここでそうきたかァァッァワァァァァって鳥肌が経った。)

タイチさんのその問に、今見たことは黙っていると言う主人公。最初は自分の命のためにそう言っているのだと思ったタイチさんだけど、タイチさんの命のために黙っているという。ヒィ共犯者……(でもこういう流れも嫌いじゃないから困る)

「嬉しいな」ってすんごい含み笑いというか…ヒィ鳥肌がとまりません。そして「お前のことは俺も気に入っている。殺さずに済むのならそのほうが良い」ヒィィ!!!!

「気に入っている」というのは、「無視してでも守る」というあの自分と同じ思考的な部分で気に入っているんだろうなぁ…と。ネイムさんのときに比べて「好き」という気持ちが見えないと言うか、そういう次元の話じゃなさそうだ(伝われ)

結果的には主人公も共犯者、な感じで物語は終わるんだけど、このシーンで主人公がタイチさんと違う意見を言っていたら、さっきの被疑者の時のように「用無しだ。だから人は分かり合えない」って殺してそうだな…ってくらいに自分の意見にまっすぐというか…すぐに切り捨ててしまいそうな、なんかそんな雰囲気がある。(と私は感じたし、同じような状況で過去に同僚を殺してそうな圧を感じる…気のせいだといい…うぅん)

たぶん、最初の頃に言っていた“もし第七特命課の人間が呼び出しを受けた後に不審な死を遂げたとしても、警視総監直属の課なので、その辺りの疑惑はもみ消せる”というのにも掛かってきそうで…と深読みしちゃうせいですね。

なんというか、全部聞いた後にまた聴き込むと、余計タイチさん自身の心が読めない……

そしてその時の録画データを消去?したのか一部改変したのか。隠しトラックでは主人公と共に被疑者が亡くなったのは事故、みたいな。二人でどう話すか打ち合わせして決めたんだろう。

その話をするタイチさんが淡々としていてやはり怖い印象を抱いた。あと、最後あたりでいってた「見つかるなよ」ってなんだろう…それまでのデータのこと?なんだろう。また謎も深まった。

から特典の話。

ぶっちゃけ私は今どの世界線でこの特典を聞いている???となってしまったぞ。なんだ。

タイチさんの家(一軒家らしく空いている部屋が2つあるらしい)にお邪魔して、空き部屋あるのモッタイナイ!という主人公と一緒にどんな部屋づくりをするのかというお話でした。

ここはあの本編終わりのゾッと感はなくて、なんか純粋に付き合ってるんだな…???っていう感じで、本編を聞いて少し日を開けてから聞けばよかった???ってくらい普通。

ネイムさんほどの甘さはないけど、しかしやはり大人の男だし、このまま同棲してもいいと思っているらしい。ちゃんと好きなの???(疑心暗鬼)

最後の「無言は肯定」っておや…よく知った人に聞き覚えがあr(あっちは沈黙)

そんな感じでした。十セメ面白いけど全巻連動な特典CDないのが惜しい……本当に惜しい……。

アニメイトオンラインショップで「十狂セメタリー」を探す

『十狂セメタリー』の記事一覧

ランキング参加中

*よければぽちっとお願いします*
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事をシェアする