2年と2ヶ月と18日ぶりに新グッズがでました | ゆぱんだらいふ

とある夢女の雑記ブログ

2年と2ヶ月と18日ぶりに新グッズがでました

2年と2ヶ月と18日ぶりに新グッズがでました #オタク

※ただし既存絵だがな!!!!!!

ということで(?)元気にお過ごしでしょうか。とある陰陽師の女のゆぱんだ(@marr1age)です。

逆噴射さんが10周年でめちゃくちゃおめでたいんですけど、おめでたいんだけど!その記念グッズにいないキャラもいたりして、クラスタも荒れてます。(この件に関しては本当にどういうこと?だし、かなり前からメールだしてる人も多いはずなんだけどなぁ…)

クラスタも純粋に「おめでとうー!」と10周年を祝いたかった人も多いでしょうに。しかし愚痴しか出てこない…切ない…いやほんとになんでなんだろう?と問いたいけどどうすることもできないんだけど…

色々と言いたいことはありますが!そんなうちの陰陽師さんは!2年と2ヶ月と18日ぶりに新しい缶バッジがでたよ!!!!!(他の同期作も一緒)

デザインは色々と言われてるけど、もういないキャラのことを考えるといてくれるだけありがとうの気持ちなんだけど、ちょっと色々と気持ちがぐるぐるです。

ちなみにこの約1ヶ月前は!作品のタペストリーも出てまして!

2年と1ヶ月と6日ぶりの新グッズでした。

この完全受注生産のやばいところ、もし他に頼んでいる人がいなかったら世界で一つのタペストリー・缶バッジなんだよね……と思うと色々昂ぶりそうですが、他にもがでれを買う方はいるので私は勝手に安心(?)してますが。(どのみち一つだけにはならんけど)

2年ぶりってそこそこあれだな?私の作品で2年ぶりだけど、さらに過去作だと3~4年ぶりとかになりますよね?

それでも変わらず好きな人がいるってすごいことだなと思います。

アプリで「サービス終了」と言われるのと、我々のように逆に何も言われないままのこの生活どっちがいいんだろうとたまに考えるけど、どっちもつらい。

釘を刺されないのもしんどいけど刺されるのもしんどい……

しんどいけど、なんだかんだで私が毎日生きていけるのは、熾月という存在が自分の中にいるだけで満たされてるからだろうなぁと思ったり。(なので作品のためにお金を出す以外だと、グッズ厨特有の「個数を買って満足する」という感覚がなく、むしろ“100個”より“1つ”の方が気持ちが満たされるタイプ)

もしこれが、「推しのために働いて全額つっこんでます!」という人だとつらいかもしれない。日々を頑張るエネルギーがそこにあるのなら。(かつ、たった一つだけ追ってたりすると)

グッズ厨を嫌う人もいるけど、少なくとも私のジャンルではグッズの売上が作品の存続に繋がるところはあるので、悪とは言えないんだよなぁ…と。

サービス終了と聞くと、「やっぱり無課金で楽しむのが一番」という声も聞くけど、その作品が本当に好きでかなりお金を落としていたファンの方は、それまで落としていたお金に対してあれこれ思っていない気もする。(むしろごめんねの気持ちだったり)
というか無課金だと利益がまず出ないんだから、サービス終了してしまうわけで。万額を突っ込むユーザーが一握りだけいる状況よりは、微課金ユーザーが無限にいたほうがアプリは安泰だ…

程よくお金を出してオタクを楽しめるくらいが一番幸せかもしれないなぁと思えてしまう今日このごろ…。

でも本気でその作品が好きな人だと、ずっと自分の中で変わらず残っているので、案外大丈夫だったりする…かもしれません。

最近すごく思うのは、私達はその作品好きだよ!だからこそ公式・運営もちゃんとその作品を愛してくれよ!と思う。他のジャンルみてると、「あ~すごい公式に愛されてるな…」と思うこともあるからちょっとつらいんだよなぁ…という、そろそろオタクを上がれそうな気がするオタクのボヤキでした。

ランキング参加中

*よければぽちっとお願いします*
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事をシェアする