とある夢女の雑記ブログ

2019/03/13

夢女的(?)女の一人暮らし防犯対策

東京に上京して早8年。東京のビルの高さにも慣れてきたゆぱんだ(@marr1age)です。

4月から新年度になり、就職を期に一人暮らしを始める人や学校が実家から離れているから一人暮らしを始めるという方もいるかと思います。

(就職したら一人暮らししなきゃいけない!な雰囲気は不動産が作ったんだ!という話もあってちょっと荒れていますけど)

とはいっても、地方から都内に出てくるという方も多いでしょうし、そうなると実家暮らしは難しい。

うちの親もかなりの心配性で(上京した時期が震災後すぐだったのもあり)、かつ、今まで持ち家だったので、アパートを借りるとかその他のことがわからず。

あと、関東圏くらいなんですよね、2年毎に更新料が別で掛かるのが。

地元が福岡なのですが、そちらでは更新料なんて取られないので、親が「え?そんなの取られるの?詐欺じゃないの?」なんて思っていました。

関東圏は更新料が別で掛かるのが普通だったりするので、地方から引っ越してきた方はその辺りのことも両親に説明しておいた方がいいかもしれませんね。

さて、ここからが本題なのですが…夢女とは言っても一人暮らし!という方向けに、物件の探し方や防犯面のあれやこれを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

物件には女性専用アパートもある

バス・トイレ別、キッチンは広めが…と考える方は多いかもしれませんが、女性専用アパートもいくつか物件があったりします。

女性専用なので、両隣・上下の部屋は女性しかいないので、そういったところでは安心です。

男性の出入りは身内の人間だったらOKだったりと徹底されています。

(もし身内以外で彼氏連れ込みてえ!の場合は大家さんに確認を取ってみたらいいと思います。)

私は上京して最初の物件が女性専用アパートでした。

今は女性専用ではないですが、あまりアパートの住民の方と鉢合わせることが少ないのであまり気にしていません。

もし可能なら、お店の方に自分が住む予定の両隣がどんな方なのか確認してみるのもいいと思います。

スポンサーリンク

挨拶回りはしなくてもいい

地方に住んでいる方ほど挨拶回りはやらなきゃ!と思うものみたいですが。(うちの母親とかそうだった)

田舎だとご近所付き合いが濃いので、自然とそうなるのかなと思います。

女性専用だったら自分が住んでいる両隣・上の階の部屋の方に挨拶するというのはありかもしれません。

が、あまりしている方を見たことはないです。時間帯がズレているというのもあるかもしれませんが…。

女性専用なら特に問題ないのですが、男性も入っているところだと挨拶回りはやらないほうがよかったりします。(自ら隣の部屋は女が住んでるぞ!と言っていることになる)

最近はする方も少ない(入れ替わりも激しい)ので、積極的にやる方はあまりいないようです。

スポンサーリンク

オタク部屋は防犯面で多少は効果があるのでは?とふと思う

オタクな話題に切り替わりましたが!

たまに「誰かがみてるぞ」というステッカーが電柱に貼ってあるのをみたことありませんか?

防犯的にステッカーを貼ってあるみたいなんですけど、効果がどれくらいあるのかはぶっちゃけわかりませんが(おい)ポスターとかが部屋に飾ってあると、ポスターの中の人の目が少しは気になったりするんじゃないだろうか…と思ったり。

他の部屋を見てたらだいぶ異質に見えると思うんですよね……(言ってしまった)

やっぱり「目」って心理的に意識しちゃうものではないかな…と私は考えています。(それでも気にしない輩はいるかもしれないけど…)

男物の服や下着を一緒に干すのがいいという話もある

これもよく言われている防犯方法ですね。(昨日あったボンビーガールで言ってたので思い出したわけですが)

洗濯物を外に干すときに、一緒に男物を紛れさせておくみたいな。

下着類だけは部屋の中に干したり、外に干すならうまくタオルなどで周りを覆って干すのもありです。

そこに男物の服を紛らせるわけですが……夢女は彼氏の下着っで乗り切ってみてはどうですか(真顔)

貴方の彼氏(推し)はトランクス派?ブリーフ派?ふんどし派?(酷い質問だ)

うちの熾月はブリーフ派だと思います(聞いとらんがな)

スポンサーリンク

せっかくなら同棲っぽく楽しんでみて

新しく引っ越す!なら、同棲している雰囲気でお部屋をレイアウトしていくのも楽しみの一つかなと思います!夢女の楽しみ方は無限大ですね。

彼氏の好きそうな雑貨を飾ったり集めたり、描いてもらった夢絵があるなら、写真にプリントして部屋に飾ってみたりも楽しいと思います。

ちょっとずつ同棲部屋にしてみるか~~~!!と色々と奮闘している最中です。お買いものパンダだらけにはなるけども。

 

はじめての一人暮らしはやっぱり不安もあると思いますが、実家とはまた違った自由もあるので、楽しんでください!

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク スポンサーリンク