とある夢女の雑記ブログ

随時更新:京アニへの募金や支援に関するまとめ

2018/08/17

イベントでフラスタを贈りたい人のための納品までのやり方

夢女の世界からこんにちは、ゆぱんだ(@marr1age)です。

最近のオタク向けイベントでも普通になってきたフラスタ(フラワースタンド)ですが、はじめて贈る!企画する!という方向けに、出し方をまとめてみました。

スポンサーリンク

フラスタ企画向け!参加者の確認ができる便利ツール「TwiPla」

一人で贈る・友人同士で贈る方なら問題ないですが、参加者を集めたい場合は確認するツールとして「TwiPla」がオススメです。

参加確定の他、興味があるといった参加表明もあるので、だいたいの人数把握がしやすいかと思います。

「TwiPla」公式サイト

スポンサーリンク

フラスタの注文から納品までの流れ

イベントでフラスタを贈れるかの確認

ほとんどのイベントでは「祝い花」に関する注意書きが出されていると思いますが、載っていないようでしたら個別に公式・運営へ問い合わせるのがよいと思います。

また、フラスタのサイズも規定があったりするので、そのサイズなどもきちんとチェックします。

最近では会場でのチェックも厳しくなっているそうで、納品の際にサイズが大きかったりするとお店の方が再度手直しをすることもあるそうなので、お店の方や会場の方にご迷惑をおかけしないためにも、しっかりご確認ください。

お店に問い合わせる

フラスタが出せるお花屋さんに、イベントでフラスタの問い合わせ・注文をします。

フラスタを贈れるお店も多いですが、出せないお店もあるので、きちんと確認を取りましょう。

注文フォームがテンプレ化されているお店はその通り記載し、備考欄などにフラスタの規定サイズやイベントのURL(特に祝い花に関する項目)を記載するといいと思います。

予算はどれくらいか

相場では、スタンド花1段+バルーン付きで15,000円~というのをよく見かけます。

バルーンをさらに盛るなら1段でもいいのかなと思いますが、もう少し華やかさを出したい場合は2段をおすすめします。

30,000円ほどかけられたらだいぶ華やかになるのではないでしょうか。(こだわったデザインのものは50,000円以上したりしますが…)

バルーンなしの普通の祝い花でしたら、もう少し金額は抑えられるかと思います。

フラスタが出せるお店については、こちらの記事でまとめさせていただきましたので、ご予算とお花を合わせてご確認ください。

複数で出す場合の集金

募集では1口1000円~2000円などで金額を設定している方が多いようです。

人数が集まるならいいのですが、集まらない場合の不足金額は主催者が負担するか、他の参加者の方に少々負担額を増やしていただけるかを聞くのもいいと思います。

もしくは、参加者の同意が得られるのなら、総額を人数で割るのもありかと思います。

贈りたいフラスタのデザイン

お花のデザインについて

「バルーンをいっぱい使いたい!」「色はレッド~イエローで!」と大雑把に伝えてもそれに応えてくれますが、絵が描ければ参考イラストを送るとより近づけるかと思います。

または、参考となる写真があればそれを添付するのも一つの手です。「Google検索:フラスタ バルーン

フラスタのパネルについて

フラスタのパネルサイズは基本A3サイズです。

フラスタのパネルはお店によっては作ってくれるところもありますが、自分で用意する方は自作でも可能です。

ただし、印刷のサイズなどがあるので、スマホのみでデザインとなると難しいところもあるかもしれません。

最近は絵師の方にお願いして、パネル用のイラストを描いていただいている方も多いです。

ココナラなどでパネル制作をしてくださる方を探してみるというのも一つの手かもしれません。

パネルは持ち込みOKというところや、お店の方で簡単なものなら用意できるというところもありますし、データを送ったら印刷はこちらでOKというお店もあります。

パネルデザインの例

フラスタ用パネルのデザイン例。タイトル・出演者名・宛名を書く。

イベントのタイトルや出演者名、そして送り主の名前があればOKだと思います。

「祝ご出演」の他、「祝○○開催」なども。(上の例で使用させていただいた素材は柳猫様のものを拝借)

フラスタパネル(規定外のものや等身大)を作りたい!

たまに見かけるキャラクターを切り取った形のパネルや通常の長方形ではないサイズのものを用意しているフラスタもありますが、印刷所のフラスタ用印刷でカットラインにそって作っているところが多いです。

詳しくは『プリオ:フラスタパネルについて(カットライン編)』を御覧ください。

基本的にはイラストレーターというソフト(.ai)でパスを使って制作するのですが、このプリオさんではカットライン制作をしてくれるようですので、問い合わせてみるのもよいと思います。

詳しくは『プリオ:【等身大パネル・フラスタパネル】 プリオのカットライン作成ってどんなサービス??』へ

納期補償の出力センター プリオ

フラスタ用のパネル制作を承っております!

現在、フラスタのパネル制作を2,000円(A3サイズ1枚)でお受けしております。(等身大などはすみません)

デザインは例としてあげていたようなものでしたら制作が可能です。参考デザインは和風ですが、それ以外のものもOKです。

公式のイラストやロゴは著作権的に載せられませんが、パネル用に描いた独自のイラストを載せたいという場合は、合わせてレイアウトが可能です。(解像度は200~250dpiでお願いします)

納品までの流れ

パネルの雰囲気を相談したあと、完成したデザインをjpg(450pxほど)でご確認いただきます。色味の変更がありましたらお伝え下さい。

ご確認いただき、そちらで問題なければお振込をしていただき、psd形式(またはjpg形式)で納品となります。

その後はお客様自身で印刷所やお花屋さんへデータの納品をしていただきます。

もしご希望の方がいましたら、このブログのお問い合わせ、またはツイッターのDM(開放しています)からでも構いませんのでお気軽にどうぞ!

柳猫様へ、パネル制作での使用許可をいただいております)

フラスタの小物は自分で用意するの?

フラスタ用の小物(バルーンなど)は基本用意しなくてもOK!

バルーンなどの小物は、基本お花屋さんで用意してくれるので、こちらで揃えるものは特にありません。もし「これをつけたい!」というのがあれば、それをお花屋さんに持っていくことで飾り付けてくれます。

ほとんどはバルーン込みのお値段です。もしくは、お店によっては別途いくらくらいでつける、といった感じになると思います。

(ちなみに私はバルーンは使わず、紙風船や和風っぽい小物でお願いします!とお願いしました。竹はうちのじっちゃんの山直送です。爆)

お店へお振り込み

振り込みの連絡があればそのまま入金。

イベント当日、納品の連絡

フラスタの納品連絡で送られてきた実物の写真

そして当日、お店から納品の写真が送られてきます。

(ご参考までに、こちらのお花は40,000円ほどです)

イベント後、パネルなどを回収する場合はお店への連絡&スタッフに一言声を掛ける

もしパネルや小物を持って帰りたい場合は、お店への連絡と会場のスタッフに話して持ち帰れる場合があります。

ということで、注文から納品までの流れはこんな感じです。

フラスタもお店によって得意なもの(バルーンなど)があるので、色々と調べて、ツイッターなどで実際のお花を確認するのがよいと思います。

フラスタもマナー(夢女フラスタだとか腐向けフラスタだとか…)があるので、その辺は色んな人が目にする公式イベントということで行き過ぎに注意して、素敵なフラスタを贈ってください!

随時更新:京アニへの募金や支援に関するまとめ

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク スポンサーリンク