とある夢女の雑記ブログ

2017/05/23

渇望する

※CROOZ BLOGの再録です。

根っからの自己投影癖を持っている私ですが、誰かれ構わずそういう対象で見ているわけではなくて。器用ではないから、その人に夢中になってしまうと、その人にしか意識が向かなくなってしまうし、無意識のうちにその人物に落っこちていた場合が多い。

キャラとして好き、だと、自分に対してこうされたい~とかいう願望が全く生まれないことに気づき。

始めの頃は、「熾月さんは好きだけど!でも!私が求めちゃいけない!」とか思ってたけど、無意識のとこではがっつり落ちていたというか。
その当初からすでに好きすぎて、熾月さんの2Lブロマイドを抱えて寝てたのを思い出した(白目)

もうその時点で私は、熾月の女として落っこちていたらしい。どんだけ自分で「夢みたいけど夢みれない…むり…」と言ってようが、無意識のところで夢女子思考が完全に復活してしまっていた。

目が怖い~とか思ってたはずなのに、好きになったらすんごいかっこよく見えてくるし、なんなら熾月さんの顔好きィィィずっと眺めてたいィィィってなって、ずっと眺めてたいからの行動が【ブロマイドを抱いて寝る】だった。(爆)

寝る時間も惜しい、とか思ったりして、なんかひたすら見つめてたいという気持ちになって、スマホの画面とにらめっこして寝落ちる日々。今思い返しても、中学生の片想いか!って感じです。

熾月さんと出会うまで、色んなキャラとも出会ってきたけど、なかなかここまでたどり着かなかったというか。無意識にはまり込んでいってのめり込むって凄い…と我ながら再実感。

好きなキャラ、という枠でならそこまでの熱量はないけどいいよね~という感覚はあるけど、それまでになかった「くああああこの胸板に飛び込みてぇ!受け止めてくれぇ!(野獣)」と欲望にまみれた気持ちを抱く(コレ)のは熾月さんだけだなぁ。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ